貸切バスのドライバーの走行距離と時間

社員旅行やグループでの団体旅行に貸切バスを利用する方は沢山いらっしゃいます。
ですが、最近はバスでの不幸な事故などがあり、貸切バスに対して不安感を抱いている方もいるようです。
せっかくの楽しい旅行ですので、出発してから帰るまで安心して楽しみたいものでしょう。

無理な行程であったり、移動時間が長過ぎたりするとドライバーにも疲れが出てしまいます。
原則9時間、500kmの移動までが一人のドライバーが運転できる時間、距離になっています。

ただし、夜間の移動は一人で400kmまでになっているので注意しておく必要があります。
この時間や距離を超える場合はドライバーを交代しなければなりませんので、長距離や長時間の運転が必要になる移動にはドライバー二人分の費用が必要になってきます。
予算の都合もあると思いますが、自分達の安全を確保するためには割くことは出来ない予算です。

自分達で計画を立ててバス旅行をする時には、一人のドライバーの運転可能な時間や距離の範囲内で予定を立てると、料金を抑える事ができるでしょう。
大勢で楽しめる移動手段なので、安心して利用できるように予定を立てる側も注意しておくと、バスに乗る人達も不安になることなく旅行を満喫できるのではないでしょうか。

新着情報

2017年01月19日
ホームページを更新しました。